2007年06月19日

ISO9660 その14 拡張属性レコード

拡張属性レコードは使ったことが無いので、表のみ掲げておきます。

位置大きさ名称内容
0〜12unsigned shortOwner Identification 所有者識別情報
2〜32unsigned short (M)Owner Identification 上に同じ
4〜52unsigned shortGroup Identification グループ識別情報
6〜72unsigned short (M)Group Identification 上に同じ
8〜92unsigned shortPermissions 許可条件
10〜2617datetime_lFile Creation Date and Time ファイル作成日時
27〜4317datetime_lFile Modification Date and Time ファイル更新日時
44〜6017datetime_lFile Expiration Date and Time ファイル失効日時
61〜7717datetime_lFile Effective Date and Time ファイル発効日時
781unsigned charRecord Format レコード形式
791unsigned charRecord Attributes レコード属性
80〜812unsigned shortRecord Length レコード長
82〜832unsigned short (M)Record Length 上に同じ
84〜11532char[32]System identifier システム識別子 (a文字)
116〜17964unsigned char[64]System Use =0
1801unsigned charExtended Attribute Record Version 拡張属性レコードの版数
1811unsigned charLength of Escape Sequences (LEN_ESC) エスケープシーケンスの長さ
182〜24564unsigned char[64]Reserved =0
246〜2472unsigned shortLength of Application Use (LEN_AU) 応用システム用欄の長さ
248〜2492unsigned short (M)Length of Application Use (LEN_AU) 上に同じ
250〜(250+LEN_AU-1)LEN_AUunsigned char[LEN_AU]Application Use 応用システム用
250+LEN_AU〜(250+LEN_AU+LEN_ESC-1)LEN_ESCchar[LEN_ESC]Escape Sequences エスケープシーケンス


Permissions は次のとおりです。

ビット実行者内容
0システム0=読み取り可能 / 1=読み取り不能
1=1
20=実行可能 / 1=実行不能
3=1
4所有者0=読み取り可能 / 1=読み取り不能
5=1
60=実行可能 / 1=実行不能
7=1
8グループ0=読み取り可能 / 1=読み取り不能
9=1
100=実行可能 / 1=実行不能
11=1
12その他0=読み取り可能 / 1=読み取り不能
13=1
140=実行可能 / 1=実行不能
15=1

posted by 七癖 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。