2007年06月07日

ISO9660 その11 VDT

Volume Descriptor Set Terminator (VDT)(ボリューム記述子集合終端子)は、 ボリューム記述子群の終端を示すもので、ISO9660及びその派生、拡張形式には 必ず一つは存在します。その構造は、次のとおりです。

位置大きさ名称内容
01unsigned charVolume Descriptor Type=255
1〜55char[5]Standard Identifier="CD001"
61unsigned charVolume Descriptor Version大抵 =1
7〜20472041unsigned char[2041](Reserved for future standardization)=0

最初のバイトが 255 ならば、ボリューム記述子群はここまで、ということです。

posted by 七癖 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。