2007年05月15日

ファイルシステムの話を始める前に

これからしばらく、ブログに何を書こうか迷っていたのですが、結局、CD-ROM や DVD-ROM のファイルシステムの話を少ししようと思います。

まず ISO9660 から始めようと思います。その後 joliet そして UDF1.02 と続ける予定です。

とはいえ、JIS の仕様書は高くて買っていません。これまで、日本語の解説サイトや他の方のソースコード、そして ROM イメージをいくつも見て理解していたのですが、もう少し正確を期すために、とりあえずここの ISO9660:1999 を Google 翻訳で訳してみました。が、いやあわからないこと。予備知識がある分、英文を眺めたほうがなんとなく理解できてしまいます。
というわけで、ここでの話は仕様の正確な訳ではありません、迷ったときには私がイメージを見てきた結果を書いてゆきます。あしからず。

また、ISO9660 の分割ファイルや関連ファイルは Windows 用 CD-ROM イメージばかり見ている為か全く見たことが無いので、説明しないか表だけ掲げて終わると思います。

参考文献(ISO9660編)

ECMA-119 http://www.ecma-international.org/publications/standards/Ecma-119.htm
公式。ISO9660:1980 と技術的に同一。

ISO9660:1999 http://www.y-adagio.com/public/standards/iso_cdromr/tocont.htm
今回の基礎資料。

ISO 9660 CD-ROMファイルシステムの概要 http://euc.jp/periphs/iso9660.ja.html
日本語訳はここから取得。
ここがあるから改めて書く必要はまあ無いのですが、私がプログラムを作っていてはまったことなどをそれとなく書き添えられればと思います。

オレンジフォーラム http://www.cds21solutions.org/osj/j/
ISO9660 ファイルシステム http://www.cds21solutions.org/osj/j/iso9660/index.html
導入には最適。

その他、多くの方の WebSite、ソースコード。

posted by 七癖 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。