2007年02月23日

READ(10)

DVD のデータや CD-ROM のデータ部分のみを読み取るときには、READ(10) コマンドを使います。

READ(10) コマンドの CDB は次のとおりです。

BYTE\bit 7 6 5 4 3 2 1 0
0Operation Code = 0x28
1予約DPO =0FMA予約廃止
2
(MSB)
 
Logical Block Address
 
(LSB)
3
4
5
6予約
7
(MSB)
Transfer Length
(LSB)
8
9Control

FUA (Force Unit Access) が 1 であれば、ディスクから直接読み取ります。
0 であれば、メモリ内のキャッシュがあればそれを使います。

Logical Block Address に読み取りを開始する位置をセクタで指定します。
Transfer Length に読み取るセクタ数を指定します。

データ用のバッファには、読み取ったデータが入ります。
必要な量("Transfer Length" × 1セクタの大きさ(大抵2048) [BYTE])のメモリをあらかじめ確保しておいてください。

posted by 七癖 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Multimedia Commands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。