2006年12月09日

READ DISC STRUCTURE - Disc Structure List

READ DISC STRUCTURE コマンドの Format=0xFF では、今ドライブに入っているメディアが使える READ/SEND DISC STRUCTURE の Format の一覧を提供します。
これは、4バイトのヘッダとそれ以降のデータよりなります。

BYTE\bit 7 6 5 4 3 2 1 0
0
(MSB)
DISC STRUCTURE Data Length
(LSB)
1
2予約
3予約
Disc Structure List
4〜nStructure List

DISC STRUCTURE Data Length はデータのバイト数です。 但し、DISC STRUCTURE Data Length 自体の大きさ(2バイト)を含みません。
Structure List の数 = (Data Length - 2) / 4
となります。

個々の Structure List の大きさは4バイトで、以下のとおりです。

BYTE\bit 7 6 5 4 3 2 1 0
0Format Code
1SDSRDS予約
2
(MSB)
Structure Length
(LSB)
3

Format Code は使える Format です。
SDS が 1 であれば、この Format で SEND DISC STRUCTURE コマンドが使えます。
RDS が 1 であれば、この Format で READ DISC STRUCTURE コマンドが使えます。
Structure Length は、この Format に必要なバッファのバイト数です。ヘッダの4バイトを含みます。

posted by 七癖 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Multimedia Commands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。