2006年06月29日

TEST UNIT READY

ディスクが入っていて、ドライブが使用可能かどうかを調べるには、TEST UNIT READY コマンドを使用します。

TEST UNIT READY コマンドの CDB は次のとおりです。

BYTE\bit 7 6 5 4 3 2 1 0
0Operation Code = 0x00
1LUN予約
2予約
3予約
4予約
5予約

取り敢えず全て0を入れておけばよいでしょう。

成功した場合、SK、ASC、ASCQ にセットされた値で状態を判別します。

SK ASC ASCQ エラーの内容
0x02 0x04 0x01 準備中
0x02 0x3A 0x00 ディスクが入っていません
0x06 0x28 0x00 ディスクが変更されたので、準備中
0x06 0x29 0x00 一度リセットされたので、準備中

成功した場合、上のコードがセットされていなければ、まず大丈夫でしょう。
失敗した場合には別のエラーコードがセットされます。
posted by 七癖 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Multimedia Commands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。